コンボのキャットフード|良い悪いを原材料成分から徹底的に分析

コンボのキャットフードの良い悪いを原材料と成分から徹底的に分析しました

コンボのキャットフードでまず特筆すべきは、味や目的別、年齢別などの種類が豊富な点です。たとえば目的別であれば下部尿路疾患対策や毛玉対策、味であればマグロやカツオ、野菜ミックスなどが挙げられます。また、比較的低価格で販売されていることもあり、人気のキャットフードの一つと言えます。では、原材料や成分から見たときに、果たして安心して与えることは可能なのでしょうか。

 

まず始めに、猫は非常にグルメな動物なので、原材料や成分などを考える以前に猫が食い付かないと意味がありません。

 

その点、コンボのキャットフードは、味の種類によって乾燥させた小魚や鰹節などが配合されているので、口コミや体験談の中には、以前のキャットフードよりも食い付きが良いという意見が多数見受けられます。

 

そして、目的別に種類を分けていることもあり、原材料は全て国産に拘っているので、粗悪な原材料や低品質などはあまり心配する必要なく、猫に与えることができるでしょう。ここまで聞くとメリットばかりですが、実は大きなデメリットもあります。

 

まず、コンボのキャットフードの主原料はとうもろこしと、チキンミールと呼ばれるいわゆるくず肉を使用しています。きちんと加工されているので問題ないと考えられますが、そもそもとうもろこしの栄養素や成分は猫に悪影響をもたらす可能性があり、またチキンミールには通常、何らかのエキスや着色料が含まれているので、これも猫に悪影響をもたらす可能性があります。

 

事実、原材料や成分を見てみると、着色料などの表記をいくつか見かけることができるので、その点は注意する必要があります。また、用いている油を確認すると、植物性だけならともかく、動物性のものも混ざっています。動物性の油脂は人間にもあまり良くないので、猫の健康に良いはずがありません。

 

このように、コンボのキャットフードには、メリットやデメリットが同居しているので、購入するときには慎重になって判断する必要があります。今後、デメリットを中心に改善させる可能性があるので、期待して待ちましょう。