カルカンのキャットフード|良い悪いを原材料成分から徹底的に分析

カルカンのキャットフードの良い悪いを原材料と成分から徹底的に分析しました

猫に与えるキャットフードを選ぶ際には、原材料の質が確保されているか否かに注目したいものです。

 

材料そのものだけで無く、どのような調理加工が為されているかまで目を配るのがポイントと言えます。消化吸収に負担の掛かるような状態の原材料が含まれていたり、低品質・粗悪な原材料が含まれていたりすると、消化不良等の症状の原因となって猫に悪影響を及ぼす可能性があります。

 

最悪の場合は大きな病気の要因にもなり得るので、キャットフードの質には拘りたいところなのです。

 

そこで有名どころで、カルカンのキャットフードに焦点を当てて見ます。まずカルカンの製品のメリットとしては、ある程度の年齢層毎にドライ・パウチと質感の違う商品をラインナップし、猫の種別を問わずに対応可能なフードを提供している点にあります。

 

加えて、猫にとって不足しがちな栄養素を主原料とは別に添加する等、栄養バランスにも充分な配慮が為されています。更に、原料に占める穀物の割合が多いので価格設定が安価で、ランニングコストの面でも優れています。

 

ですがこうした特徴がある故に、デメリットも散見されます。まず先述した栄養素も含んで添加物の種類が多い傾向にあり、保存料・着色料・酸化防止剤といった健康面においてあまり摂取が好ましく無いと思われる添加物も、配合された製品となっています。

 

また穀物割合の多さも、本質的に肉食である猫向けのフードとしては高く評価出来る点ではありません。そして全体の原材料の種類も多くなっているので、一部には加工度の低い原料があるとされ、消化の面でも若干不安が残ります。

 

実際にカルカンのキャットフードに関する口コミ等を調べると、消化面で問題を起こしていたり、猫自身が口にしないといったケースも散見されます。ただ逆にしっかり口にしてくれる場合には、値段の面や使い勝手の面で評価が高いケースも見られます。個々の猫の様子によって、評価が割れているものと推察出来ます。

 

そこで実際に利用を考える場合には、出来るだけ小さいサイズで猫が実際に示す反応を見るのが得策です。良し悪しはその反応に委ね、買い足すか別の商品に変えるかを検討すると良いです。